読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hooney Got His Pen

映画の感想と勉強日記

モハメド・アリの伝記映画

町山さんの「たまむすび」を聴いて思い出した。

モハメド・アリについて詳しく知ったのは、深夜にテレビでたまたまやっていた伝記映画を見たときだ。

今調べてみると、ウィル・スミス主演の『ALI』(2001)という映画だ。カシアス・クレイ(アリの元々の名前)が世界チャンピオンになるところから始まり、ベトナム戦争への兵役拒否、ブラックムスリムとの出会い(これでモハメド・アリと名乗るようになる)、マルコムXへの傾倒、等が描かれる。
小学生か中学生に見た限りだから、これくらいしか憶えていないが、ひとつとても印象的なシーンがあった。彼がイスラム教に改宗し、モハメド・アリと名乗るようになるところ。そのことを自分の家族に伝えるが理解してもらえない、というシーンだったと思う。

なぜこのシーンだけをはっきり憶えているのか、理由はよく分からない。なんとなく自分を重ねていたのかもしれないし、もしかしたらそこだけ見たのかもしれない。

僕が一番好きな映画は『ロッキー』だし、昔からボクシングを描いた映画が好きだった。ボクシングを描きながら人生を描く、というのは『ALI』とも共通するかも。

『ALI』はボクシングのシーンなんてほとんどなかったと思う。この映画で初めて黒人差別を知った。そういう意味で、自分にとって思い出深い映画だ。

この機会に、町山さんの紹介していた『アリ・ザ・グレイテスト』を見てみたい。今回の町山さんの話はかなりアツくて、胸にくるものがあった。
「アリはボクシングだけの人じゃない!」と強調していたが、伝記映画を先に見ていたので、そもそもボクシングのイメージはあんまりなかった。リアルタイムに試合見てないしね。

そういえば、TBSラジオPodcast配信停止はけっこうショックだなあ。新しいサービスに移行するにしても、ダウンロードは可能にしてほしい。
広告を非表示にする