Hooney Got His Pen

映画の感想と勉強日記

今後2年の目標

 僕は当面の目標として、記憶論の専門家になりたい。「 記憶論といえばあの人」という旗をひとつ立てたい。
 海外の理論を積極的に吸収したい。  英語圏の記憶論とのコミュニケーションを図りたい。 そうすべきであると思う。その当たり前をやりたい。
 当面は、実証研究と理論研究を並行して進める。 実証研究の成果はどんどん論文としてアウトプットしていく。 すでに2本分書いたので、それは2024年2月末までに2本投稿する。 実証研究として、あとは2本書くつもり。それは夏に1本、 秋に1本投稿する。それらをまとめて博士論文にする。
 理論研究の成果は、秋の学会でひとつ発表したい。 秋の発表は学説史的な理論研究になると思う。その発表をもとに論文を書く。 それは今年の暮れから来年頭くらいに投稿したい。 インパクトのある論文にしたいと思っている。理論研究の成果は、 博士論文では理論パートとして1つの章にしたい。

 三年で卒業するとして、博士論文の提出期限は2025年11月である。博士論文は日本語で書く。

 「 3年で書くのって可能なん?」と聞かれて、考えてみた。 僕はまずこのテーマについてはここ10年間くらいは関心を持って 議論を追ってきた。さらに博士入学前の1年間は研究にあてた。 なので、厳密に博士課程の3年間だけでやった研究ではない。 なので、 確かに外形的には3年で博士論文を書いたことになるものの、 実質的には3年以上かかっている。 だから問題なく書けると思うし、心配ないと思う。
 英語で論文を書きたい。日本語ですでに2本分書いたが、 それを短くまとめて、理論研究との接続をして、 英語論文としてまとめたい。 研究成果をまとめるだけなので、問題なくやれると思う。 論文の出版までは1年以上はかかるので、 まずはスタートラインに立ちたいと思う。
 この1年のテーマは、論文を2本以上出版することである。 とにかく投稿していく。落ちたら次の雑誌に投稿する。 とにかくこの1年は2本以上。 それを第一の目標にして研究を進めたい。

中長期の目標

 目標をたてよう。今後3年間から5年間の目標だ。
 将来は大学教員になりたい。 そのためには専門家になる必要がある。専門家、 それはその分野に一番詳しい人ということだ。 もちろん日本という限定はつくが。少なくとも日本で、 その分野では一番にならないと、大学教員にはなれないと思う。
 では、なんの分野の専門家になるのか。
 記憶論である。メモリースタディーズ。欧米では盛んである。日本では英語圏の議論があまり参照されていない。
 ここに僕の勝機、チャンスがあると思う。
 この分野で、英語圏のトップジャーナルは3つある。 ここに論文を載せたい。 そうすれば、日本では他に例がない業績を作ることができる。
 だから、話は簡単だ。
 記憶論のトップジャーナルに英語で論文を出版する。 それが今後数年間の最も大きな目標となる。論文を出版できれば、 大学教員への道は一気に現実のものとなるだろう。 それに向けて動き出そう。

博士号の取得要件

単位

大学院共通教育科目1科目(「研究公正B」必修)、当該専門分野の分野専門科目4単位、論文指導科目12単位を修得

 

博士論文

(a) 研究実績:既発表論文2篇(うち1篇は査読付き学会誌・専門誌に掲載されたもの)以上の研究実績を有しなければならない。

 (b) 論文枚数:12万から20万字程度の分量がなければならない。

 

課程博士論文の提出時期

3月修了:毎年11月1日から11月10日までの間

9月修了:毎年5月1日から5月10日までの間 

 

作成・提出するもの

⓪ 学位授与申請予備審査願

① 学位授与申請書

② 論文目録

③ 学位論文の要旨

④ 履歴書

⑤ 研究業績一覧

⑥ 主論文 3部

⑦ 論文の全文PDFデータ

⑧ 副論文、参考論文 各3部(提出することができる)

⑨ (該当者のみ)学位論文全文に代えて要約を公表することの申立書

⑩ (該当者のみ)学位論文の要約PDFデータ 

 

論文の審査基準

(a)研究課題(テーマ)の学術的意義

明確な問題意識に基づき、当該専門分野における研究の学術的意義が述べられていること。

(b)研究課題の的確性

研究目的に応じた的確な課題が設定されていること。

(c)研究方法の妥当性

研究を遂行する上で、適切な研究手法が用いられていること。

(d)先行研究との関連

当該専門分野における主たる先行研究を踏まえたものであること。

(e)資料利用の適切性

論旨を展開するうえで、実験結果、調査結果、文献資料などが適切に用いられていること。

(f)論旨の一貫性

論旨が、論理的に組み立てられ、一貫して展開されていること。

(g)学術論文としての体裁

表現、表記法などが学術論文として適切であるとともに、当該専門分野の慣例に従ったものであること。

(h)研究倫理の遵守

研究の目的、遂行過程、成果発表のそれぞれについて、当該専門分野が定める研究上守るべき 倫理基準が満たされていること。

(i)当該専門分野への学問的貢献

当該専門分野における研究の発展に貢献しうるものであること。

(論文の分量)課程博士論文は、12万から20万字程度の分量がなければならない。