Hooney Got His Pen

映画の感想と勉強日記

ガメラ2 レギオン襲来(1996)

f:id:kanhuni:20150201024814j:plain
BSプレミアムにて】

ガメラ初観賞。1を観ておくべきだったようで、少し後悔。だけど、けっこう楽しめた。

GODZILLA」(2014)の感想で、「平成版ガメラに似てる」という人が多かったのも納得。というかほとんど同じです。ストーリーとか、演出とか。ストーリー自体は本作の方が洗練されてますが、あっちはお金のかけ方がね…。


f:id:kanhuni:20150201025044j:plain
若い吹越満水野美紀を見るのも楽しい。

f:id:kanhuni:20150201025331j:plain
敵の怪獣レギオンのフォルムがカッコいい。めっちゃ怖いし、小さいレギオンはかなり残酷。

地下鉄のシーン
デカい敵怪獣レギオンは、小さいレギオンをたくさん産む。そいつらは怪獣というよりは「モンスター」である。これがもの凄くたちが悪い。ミクロのレベルで人間を襲いまくるのだ!

f:id:kanhuni:20150201025613j:plain
↑こいつ

小レギオンが地下鉄を襲うシーンは、トラウマもの。子供の頃に観てたら何日か眠れなくなるレベルで怖かった。

f:id:kanhuni:20150201025716j:plain
地下鉄の車掌さんの怖がる顔

からの

f:id:kanhuni:20150201030453j:plain
いきなりこれ!ぎゃー!
いやー怖かった。恐ろしい。

このシーンは「怪獣映画」から急に「モンスターパニック映画」になるのが素晴らしかった。よくできていて面白い。


感想
やっぱり、脚本が秀逸。怪獣映画って、元々が言ってしまえば荒唐無稽なので、リアリティが非常に重要になってくる。その点、この映画はものすごい説得力でもって映画が展開していくのだ。

結論
とても面白かったので、ガメラをまた作ってください!
広告を非表示にする