Hooney Got His Pen

映画の感想と勉強日記

映画 スノーデン 感想


f:id:kanhuni:20161115084824j:image

Pathe cinema@オランダ

80点

社会派と言われるオリバー・ストーン監督らしい映画です。


監視されることの恐怖、情報管理社会の怖さを徹底的に描いています。


CIAが世界中のメール、SkypeFacebookなどをハッキングして管理していたのが、スノーデンの告発によって明らかにされたましたよね。


当時、大ニュースになりました。


その事実をニュースで聞くだけよりも、映像化されたほうが怖さと気持ち悪さが伝わってきますね。

 

「テロとの戦い」という題目が引き起こす自由の侵害が大きなテーマです。

つまり、アメリカの安全を守るためにテロを事前に予防することは、完全な管理社会を目指すことになってしまう。

では、安全を守らなくてもいいのか

怪しい人物がいてもマークしなくてもいいのか…?


このあたりのジレンマが今後も問題になっていくのでしょうね。

 

広告を非表示にする