読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hooney Got His Pen

映画の感想と勉強日記

ジャパン、スコットランドに惜敗…

南アフリカ戦の勝利で、日本中がラグビーブームとなっております。そんななか、中3日で挑んだスコットランド戦。結果的には10-45で負けてしまいましたが、前半は内容的には互角以上だったと思います。

それだけに、内容で勝っている時間帯はリードを奪いたかった。ジャパンの反則が多かったのは反省材料ですが、スコットランドが反則を誘うのがうまかったとも言えます。

やはり前半で、五郎丸のPGが外れたのと、ゴール前でトライを決めきれなかった場面で勝負はついていたのではないでしょうか。チャンスはそう何度も来るものではないですし、後半はマフィの退場もあって、アタックであまり優位に立てませんでした。結果論ですが。

それと、後半のインターセプトからトライされた場面で、気持ちが切れてしまいました。追い上げていたところだったので、インターセプトはダメージが大きかった。あそこからズルズルいったので、結果的にはこの点差になりました。

試合全般として、今回のスコットランド戦はハンドリングミスが多かったです。もちろん、それだけスコットランドのディフェンスが良かったのでしょうが…。それにしても、少し軽いプレーが目立ったように思います。こちらも修正点でしょう。

まあ、やっぱり、スコットランドは強かったです。経験の差もありました。堅いディフェンスと、それに輪をかけて手堅い戦術。前半早々から、PGを狙ってくる戦い方でした。

ただ、ジャパンは中3日でしたし、南アフリカスコットランドのどちらか(当初の僕の予定ではスコットランド)に1勝すれば、なんとかベスト8が見えてくるという展望でしたから、悲観するには早すぎます。中10日を空けたサモア戦が、この大会で最も重要な一戦になるでしょう。

スコットランド戦は残念でしたが、サモア戦はきっとやってくれるでしょう。
f:id:kanhuni:20150924160040j:image
GO!!Brave blossoms!!

ようやく、南アフリカに勝ったという実感がじわじわ湧いてきました…笑

広告を非表示にする