読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hooney Got His Pen

映画の感想と勉強日記

アメイジング・スパイダーマン(2012)

f:id:kanhuni:20150401162035j:plain
監督は、『500日のサマー』のマーク・ウェブ。

なかなか悪くなかった。ウェルメイドな秀作といったところ。

f:id:kanhuni:20150401162757j:plain
主人公のピーター・パーカーを演じるアンドリュー・ガーフィールドと、ヒロインを演じるエマ・ストーンは実際に付き合ってるらしいが、そのせいかキスシーンにいまいち緊張感なし。が、2人とも良い演技してた。

でも、ピーター・パーカーはもっとヘタレでないと。ワンダイレクションみたいな髪型はちょっと…。スパイダーマンの主人公といえば、「オタクで大人しくてカッコ悪い」イメージだが、本作ではけっこうカッコよくてそんなにオタクには見えない。だから、超能力を持ってからのワクワク感がいまいちだった。落差が少ないのだ。

オリジナル(?)の『スパイダーマン』と比べては、やっぱりオリジナルが好きかな。2を観てみないとなんとも言えないが。

スパイダーマンといえば
f:id:kanhuni:20150401162443j:plain
飛ぶ描写にちょっと不満というか、CGがゴリゴリすぎて少し萎える。いまいち浮遊感がないのだ。サム・ライミのこだわりには及ばないか。

f:id:kanhuni:20150401162737j:plain
でも、敵が気持ち悪い怪獣だったのは好感。あれくらいのサイズの怪獣を敵にしたバトルは面白いね。

スパイダーマンとのキスシーン
キスシーンに緊張感がないというのは観ている側の問題か。ただ、オリジナルの、あのマスクを口元だけ剥がして…のシーンはやっぱり素晴らしい。そして、ヒロインが主人公の正体を知るのも早かった。スパイダーマンバレが早い。

補足

スパイダーマンの糸って発想は完全に下ネタですね。
広告を非表示にする