読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hooney Got His Pen

映画の感想と勉強日記

バッド・チューニング(1993)


f:id:kanhuni:20150126030910j:plain
監督は『スクール・オブ・ロック』、最近だと『6歳の僕が大人になるまで』のリチャード・リンクレイター。デビュー作です。
出演はミラ・ジョヴォビッチ(バイオハザード)、ジョーイ・ローレンス・アダムス(チェイシングエイミー)とかはすぐに分かった。ベンアフレックとマシューマコノヒーがめっちゃ若い。

f:id:kanhuni:20150126030336j:plain

マシューマコノヒー兄貴はアラサーのオッサン役。この頃から、脇役なのに映画をもっていっちゃう悪いクセが…。



やっぱり新入生いびり!

1970年代のアメリカの高校が舞台。高校の新学期が始まる頃、SENIORS(上級生)たちは何をするか?ひとつしかない。そう、新入生いびり!新しく高校に入ってくる現段階では中坊たちを、徹底的にいじめる!女子学生たちは、洗礼という名のケチャップとマスタードをガンガン浴びせかけるのだ。
f:id:kanhuni:20150126030604j:plain
ガンガンかけます!


男子学生はというと、ケツバット!(日本でいう肩パン?)

f:id:kanhuni:20150126030738j:plain
捕まえてはバンバンとケツを叩く。これまたひどい…笑



通過儀礼の後のお楽しみ
上級生は何も新入生をいじめてばかりではない。お楽しみ、それもちょっぴり大人の遊び方をきちんと教えてあげるのだ。当時のアメリカの高校生たちにとってそれは、お酒でありマリファナであり…もちろん恋愛も。まさに「セックス・ドラッグ・ロックンロール!」の世界である。
f:id:kanhuni:20150126031300j:plain
この辺のシーンはすごく楽しいです。




で、まあ全体としては群像劇です。けっこうな人数の登場人物たちが同時に並行して描かれるので、最初は理解しきれず観にくいと感じるかもしれません。が、そこはあんまり気にせずにボーッと見ておけば大丈夫だと思います。グループに分かれていたりするので、「このグループはこんな奴らだな」くらいを考えながらで大丈夫。


↓個人的に一番好きなのはこいつら
f:id:kanhuni:20150126031627j:plain
新入生いびりを横目に、「なんで彼女たちは抵抗しないのだろう」とかなんとか。ずっと理屈をこねて批評していて、それがなんともおかしい。
右奥に座ってる奴は喧嘩を起こしてしまうんだけど、自分から殴りかかっておきながらボコボコにされる。ヘナチョコで笑ってしまう。


70年代のハードロックが劇中ほとんど常に流れている。イイ感じ。一度は聴いたことのあるような曲ばっかりで、登場人物たちと一緒にノリノリになります。

70年代のアメリカの高校を舞台にしているので、「すげえなあ」とか思いながら観るわけですが、意外と共感できるところがあったり。先輩にいろいろ教えてもらうってのは、万国共通なんだと思います。

あと、字幕ははっきり言ってクソなので、頑張ってもっとセリフを聴き取れるようになりたい…と思った。


数年に一度は観返したい、なんだか愛しくなる映画でした。よかった。

おまけ
f:id:kanhuni:20150126032141j:plain
英語のタイトルでググると、こんな画像がいっぱい出てきた。左はジャイアンツの絶対的エース、リンスカム。右はこの映画の主人公。確かに似てるが、髪型だけって気もする。

それにしても日本版DVDのジャケットはダサいなあ…


f:id:kanhuni:20150126033552j:plain
これがいい。
広告を非表示にする