読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hooney Got His Pen

映画の感想と勉強日記

【2014映画ベスト10】コメント付き

f:id:kanhuni:20141231051019j:plain
【2014年映画ベスト10】

2.『劇場版テレクラキャノンボール2013』
3.『ゴーンガール』
5.『GODZILLA
7.『西遊記 はじまりのはじまり』
8.『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
9.『リアリティのダンス』/『ホドロフスキーのDUNE』
10.『猿の惑星 新世紀(ライジング)』

*映画館で観たものに限っています。

1.2位はドキュメンタリー映画でした。劇場での体験も合わせて。終わった後はしばらく立てなかった!

これを超えるドキュメンタリー映画はたぶん撮れないだろうし、撮ったらダメだとも思う。頭クラクラして、なんだか笑ってしまって、涙が溢れて、呆然とした。

2位『劇場版テレクラ・キャノンボール2013』
3月たまたま東京に行く機会があり、今はなき「オーディトリウム渋谷」という映画館で観賞。2月頃にTwitterで激賞されているのを観て、どうしても観たくて東京滞在を伸ばした。その価値ありまくりで、なんと本作は今でも日本全国どこかのミニシアターで上映されているというロングランヒットを記録。
「カルトムービー」が「一部のファン(信者)から熱狂的に愛される映画」とするならば、本作はまさに「最強のカルトムービー」でした。

3位『ゴーンガール』
はっきりとトラウマになりました。

中川翔子(しょこたん)主演のヒーロー映画で、これは泣かされた。アクションもよかったし、スプラッター描写も凄くて、とにかく笑えたし。

5位『GODZILLA
今年の主役はゴジラでした。IMAXシアターで観たので、その咆哮の迫力たるや!
個人的に、渡辺謙の発音するカタカナで「ゴジラ」がおもろかった。

昨年度のアカデミー主演男優賞と助演男優賞を受賞したことからも分かるように、やっぱり演技はもの凄かったです。脚本が本当に素晴らしかった。

7位以降は、とにかく楽しくて印象に残った映画たち。

7位『西遊記 はじまりのはじまり』
ほとんど期待せずに観に行ったおかげで、素直に楽しめた。『少林サッカー』のチャウ・シンチー監督だけあって、とにかく笑えてアクションが凄いけど 話がどんどん膨らんでいくのもよかった。

8位『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
これは期待しまくって観に行った映画。サントラ集を先に聴き込んで、予習もばっちりで臨んだ。なんと初日は「高校生までは500円」という破格のキャンペーンで、前の席にはずらっと中学生のガキが並んでうるさかったけど そんな中学生とでもワイワイ楽しめるかつ、中学生に戻ってワクワクしてしまう映画でした。

9位は2本。アレハンドロ・ホドロフスキーという、まあ天才監督なんですが、今年初めて彼の映画を観ました。しかもかなり久しぶりの新作ということで、この機会にホドロフスキーデビューを飾った。『リアリティのダンス』は彼の劇映画で、ビジュアルイメージが鮮烈でビビッときた。
ホドロフスキーのDUNE』は、ホドロフスキー監督を追ったドキュメンタリー。まあ、おもろいおっさんです。

10位『猿の惑星 新世紀』
前日くらいに、前作である『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』を観直して予習ばっちりで臨んだ。モノマネしたくなる映画でした。

f:id:kanhuni:20141231051349j:plain
広告を非表示にする