読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hooney Got His Pen

映画の感想と勉強日記

アメリカンコメディ・アルバム (備忘録)

この1年間で見たアメリカンコメディ、いや主に「童貞コメディ」を並べてみる。
必ずしも主人公が童貞なわけではないが、常にボンクラである。
以下、印象に残ったシーンの画像をアルバムで。きちんと紹介するのも憚られる内容というか、下ネタ満載の映画も多い。が、本当に素晴らしい映画も多かった。
 
 

『40歳の童貞男』(2005年、アメリカ)

f:id:kanhuni:20140809043050j:plain

f:id:kanhuni:20140809043802j:plain

全米で興行収入1.7億ドル以上を売り上げた大ヒット作。

童貞コメディと一括りにすればそれまでですが、「愛とはなにか」みたいな深いところにまで突っ込んでます。だてに40年童貞してないから!

この映画の後、いわゆる「童貞コメディ」=「モテない男の主人公が、いかにして恋愛をしていくか」という映画がたくさん作られるのでした。

 

『愛しのローズマリー(2001年、アメリカ)

f:id:kanhuni:20140809043154j:plain

f:id:kanhuni:20140809043906j:plain

 

『無ケーカクの命中男/ノックト・アップ』(2007年、アメリカ)

f:id:kanhuni:20140809043332j:plain

f:id:kanhuni:20140809043949j:plain

 

「スーパーバッド」「40歳の童貞男」「寝取られ男のラブ・バカンス」をつくった、ジャド・アパトー作品。これだけでも見る価値あり。
ただ、安定感抜群というか、いつも同じというか…(褒め言葉)
ダメな男たちを徹底的に撮っていますね。

特に映画好きの男なんかは、この映画観たらかなり楽しめるんじゃないかなぁ。
劇中でいきなりデニーロのモノマネ始めたり、デロリアンがどうとか 映画ネタの話が多い。
オマージュを捧げるとかではなくて、ただただ映画オタクたちの会話ですが(笑)

この映画のテーマ は
ダメな男、もしくはオタクがどのように恋愛していくか?仕事を持っていくのか?
だと思いますが
「forgetting Sarah Marshall 寝取られ男のラブ・バカンス」、「スーパーバッド 童貞ウォーズ
の方がうまく描かれていたのではないかと思います。

まあ、この映画も面白かったです。

 

『forgetting Sarah Marshall 寝取られ男のラブ♂バカンス』(2008年、アメリカ)

f:id:kanhuni:20140809043438j:plain

f:id:kanhuni:20140809044143j:plain

 

 

スーパーバッド 童貞ウォーズ』(2007年、アメリカ)

f:id:kanhuni:20140809044159j:plain

f:id:kanhuni:20140809043555j:plain

 

 

メリーに首ったけ』(1998年、アメリカ)

f:id:kanhuni:20140809044305j:plain

 

 

『チェイシング・エイミー』(1997年、アメリカ)

f:id:kanhuni:20140809044415j:plain

f:id:kanhuni:20140809044421j:plain

 

 

どれも、「童貞コメディ」なんて括ってしまうのにはあまりにもったいない、「普通に面白い」・「身につまされる」・「生き方変えようかな?」の3点セットが詰まった映画たちです。

よくもまあ、こんなボンクラばっかりだと思いながら、いたく突き刺さるので要注意。