読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hooney Got His Pen

映画の感想と勉強日記

僕のオススメ映画15選

①旅 『ライフ・アクアティック』(2005、アメリカ) ウェス・アンダーソンの映画はどれも面白いし、昨年の『グランド・ブタペスト・ホテル』も本当に素晴らしいが、僕はこれを推したい。オフビート演出にぴったりはまったビル・マーレイには終始笑ってしまう…

『仁義なき戦い』

去年11月28日、俳優の菅原文太さんが肝がんのため死去した。81歳であった。菅原さんは東日本大震災後、俳優としての活動を休止し、社会問題に積極的に取り組んできた。亡くなる直前の11月1日には沖縄知事選に駆けつけ、「辺野古基地移設反対」を訴える翁長雄…

『SR サイタマノラッパー』シリーズのこと

以前、立誠シネマにて、『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』を観た。「京都 音楽映画祭」的なやつで、音楽についての映画が特集上映されていた。『SR サイタマノラッパー』はhuluに1.2があったので、それを観ていた。「凄い!」と感動したと同時…

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のこと

三ツ矢雄二さん(アニメ「タッチ」の達也役など)吹替えで20回くらい見てしまったので、新吹替えはどうかな…と思っていたが、先日BSジャパンで放送されたものは良かった。マーティ役は宮川一朗太さん。マイケル・J・フォックスの他の映画・ドラマはほぼ全て吹…

『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(2008、アメリカ)

アメリカには「童貞コメディ」というジャンルがある。 童貞の男の子が主人公で、その彼がいかにして初体験を遂げるのかというお話である。このジャンル映画のあらすじ、すべてがそうである。 しかし話の筋は同じでも、彼らが「いかにして童貞になったか」つ…

「オールタイムベストを語ろう」第2弾

『スタンド・バイ・ミー Stand By Me』(1986、アメリカ) 僕にとって、「スタンド・バイ・ミー」は思い入れの強い映画だ。小学生の頃、兄に見せられたのが最初で、それ以来何度も見返してきた。何に魅せられたのだろうか。 主人公ゴーディ、親友クリス…

「オールタイムベストを語ろう!」1‐①

「ロッキー」(1976、アメリカ) これまで、色んな映画を見てきた。特にこの1年間は集中的に見まくった。 今回は「生涯ベスト映画」なるものを考えたいと思う。これには個人的趣味が反映される。趣味でもないかもしれない。”体験”が反映されるものだと…