Hooney Got His Pen

映画の感想と勉強日記

関川夏央『ソウルの練習問題』

 

新装版ソウルの練習問題 (集英社文庫)

新装版ソウルの練習問題 (集英社文庫)

 

 

1980年代、韓国が軍事独裁政権だった頃。あまり気軽に観光に行くような雰囲気ではなかった時代、著者はハングルの読み方から勉強をし始めて、韓国語を覚え、現地に行き、韓国料理を食べながら、韓国の色んなあれこれを知っていく。

まず、著者の文体がユニークだ。ルポルタージュという形を取っているが、あくまで私的な旅行記という体裁をとる。著者の韓国語は本書が書かれた2年間で上達していくが、それは「カタコトの韓国語」の翻訳としての日本語として表現される。後半になるにつれてどんどん上手くなっていき、やがては慣用句を使った小気味いい会話を披露したりする。

この本が書かれた1980年代は、韓国といえば当時の政治的なことが話題にされるか、あるいは歴史的な問題について自省するといった内容の本しかなかった時代だ、と著者は言う。その時代にあえて、政治的なことからは一旦離れて、韓国で実際に見聞きしたことをそのままに伝えようとする姿勢に本書の価値がある。

もちろん、政治的なことから離れようとしても、やたらと職務質問をされたり、あるいは韓国人女性との会話の中で歴史的な因縁を感じざるを得ない場面がある。しかし、それはあくまで自然な会話の流れの中で展開されるのであり、人との具体的なコミュニケーションの中でしか存在しない。もっと重要なことは、著者自身は様々な事情を知った上で旅をしているのであり、決して無知なわけではないということだ。それどころか本書自体は非常に啓蒙的であるとも言えるし、この本から入って色んなことを調べたくもなる。

そして、この旅行記が最大限の成功を収めているのは、実際に現地(ここではソウル)に行ってみたくなることだ。本書の書かれた1980年代と現在とはもちろん違っているのだが、だからこそ、著者のような姿勢で言葉を学び、現地で色んな人と会話をし、ご飯を食べて、旅をしてみたいと強く思った。本書の最大の価値はそこにあるだろう。

 

(補足)

本書を読み終えた人で、もし違和感を感じるところがあるとすれば、やはり「あとがき」にあるだろう。盧武鉉ノ・ムヒョン)政権下の2006年ごろに書かれた「あとがき」には現代韓国へのかなり厳しい目線と、朝鮮半島情勢への冷めた視線が満ちている。正直に言うと、評者も一読した時にはかなり驚いた。

しかし、再読してみると、本書の価値は実は「あとがき」にも少なからずあると思った。著者のスタンスが典型的に現れているからである。著者独特のバランス感覚とでも言おうか、少なくとも「進歩的知識人の陥穽」にはまってはいないのだ。

読んでみてもらえると分かると思うが、この「あとがき」はかなり「保守的」だといってもいいだろう。しかし、評者はこの「あとがき」自体は単に保守的だといって切り捨てられるような類のものではないと感じた。むしろ現在の文在寅(ムンジェイン)政権下でこそ読む価値があるように思う。盧武鉉をそのまま文在寅に変えたとしても、批判としては成り立つのだ(このことをどう考えるかはまた別の問題としてあるが)。あるいは、「日本における韓国理解の変遷」として、本編の記述から「あとがき」までを読み比べることも可能だとすら思った。著者のバランス感覚としてもそうだし、ある筋の通った考え方として多くを学べるものだった。色々な読み方ができる本である。

修士課程修了後にどうやって勉強を続けるか

このブログも始めて4年半が経つのか。途中留学ブログを始めてみたりしたけど、最近はこちらに戻ってきた。

4年半で148エントリを書いたらしい。多いのか少ないのか分からないけど。

最初に始めたモチベーションが何だったかもうよく思い出せないけど、「文章上手くなりたい」というのは確実にあったと思う。最初の頃よりはマシにはなったと思うし、少しは分かりやすく書けるようになった気もするけど…これもよく分からない。

せいぜい進歩したかなと思うのは、適当に何も考えず書くようになったことくらい。どうせ練ってから出そうとしてもほとんど変わらないし、それならその時に考えたことをさっさと書いてしまった方が後で自分が読み返すのに便利なことに気づいた。

ここ2ヶ月くらい、大学院の3年間を振り返ろうと思っていた。色々自分で頭の中では考えるんだけど、何かしらに残しておきたいなと。

修士課程、日本での2年間、オランダでの1年間。「行ってよかった」とは確実に言えるけど、もっと色々やれたような気もしないでもない。というか、自分はあんまり頑張れない方のタイプなんだということに気づいた。

大学院では、それこそいつ寝てるのか?という人が結構いて、院生室で鬼のように凄まじい集中力で研究してる人がいた。真似できない、と思った。そこまで追い込めないんだよな。1日で本当に集中してる時間は合計5時間くらいしか保てないことが分かった。1時間毎にTWICEの動画とか見てしまう。

あと、1週間毎日も頑張れない。大学院だと毎日やってる人が多い印象だったが、自分はしっかり週休2日取っていた。休みが1日の週もあったけど、休みの日は目一杯思いっきり休んでいた。電車の行き帰りは何らかの娯楽に触れたいと思ってずっとドラマ見るか本読んでたし、週に3回以上は本屋に行っていた。よく遊んでいた方だと思う。休むか遊ばないと、そもそも勉強とか研究やる気も起こらなかったし。あと、よく人と長時間話していた。なので、けっこう楽しい大学院での日々だった。

でも、1年目は結構ずっと辛かった。英語で論文を読んだことはほとんどなかったし、読んだことのあるのはせいぜいニュース記事とか10ページくらいの雑誌論文とか。何本も英語論文を読んだり、英語の本を読む課題があって、正直途方に暮れた。これは割とずっとそうで、2年間くらいはかなりキツかった。大変なところに来てしまった、と本当に自信を失った。

そんなところにオランダへ留学に行ったのである。授業は全て英語、だから心配しないで!と言われても、その英語が難しくて困っているのだ。当然、授業にはなかなかついていけなかったし、悔しい気持ちはずっと続いた。半年、ですらなく、8ヶ月くらい経ってからようやく、議論とかプレゼンテーションとか、ペーパーを書くのとかに慣れてきた。留学は残り2ヶ月を切っていた。

学部の頃に留学すればよかった、とも思ったが、学部の頃は転部やらでそれどころではなく、そもそもTOEFLのスコアも持ってなかったし無理だったのだ。

なんかすごい後ろ向きだけど、このままいきます。

で、大学院に来てよかったこと。これはやっぱり「勉強の仕方が少しは分かった」ことかな。大学院では、外交史とか国際政治学を主に専攻した。修士論文は歴史的な観点からのものだった。その過程の中で得た知識とかはもちろんあるんだけど、勉強の方法が少し分かったというか。それも自分の分野だけだけど。論文とか本はだいたいこういうノリで読むんだな、とか。こういう風に検索すれば欲しい情報が得られるんだな、とか。外交関係ではここのシンクタンクとかを見ればいいんだな、とか。そんな感じ。3年間かけた成果としてはささやかすぎると思うけど、自分にはそれくらいの時間がかかった。

それで、これからの勉強ということを色々考えてもいた。就職してから、どうやって勉強を続けるのか。続けられるのか。これは大きな悩みの種だったけど、ここ半年くらい修士論文に苦しめられる中で同時に、やってること自体は大学の外でもある程度できるなという感触を得た。図書館も公立図書館を使えばいいのだし、勤務先近くの大学図書館も利用登録すれば使えるだろう。

ひとつだけネックなのは海外の論文とかを大学データベースで見れないこと。ただ正直言うと、自分の大学のデータベースでも見れない英語論文は多かったのだ。結局は相互利用サービスで有料で手に入れていたし。

あと、欲しいと思う論文は、今ではネット上でPDFで見れるものも多い。それこそ、欧米圏の研究者のツイッターをフォローしておけば、最新の情報はけっこう入ってくるし。あと、直接メールすればすぐに返してくれる人もいたし。要するに、何とでもなるのだ。

こんな感じで、自分の勉強してきた範囲であれば、かなりの程度は勉強を続けられることは分かった。

問題は、自分の全く知らない分野とか未知の分野に対して広がりが無くなってしまうことである。これは難しい。

そう思って、というか単に好奇心で、この3年間くらいは放送大学のテレビ放送をたまに視聴していた。

日本政治外交史とか国際政治学とかが主だけど。

それでも、たまに世界文学の歴史とか、経済学史とかそういう授業を見ると、教科書さえ用意すれば、学部初年次レベルであればある程度は理解できそうだと思った。もちろん、それ以上は自習はキツいと思ったけれど。ただ正直、それ以上やるほどのモチベーションを保てる、あるいは興味のある分野は他にあんまりないので… こう言ってるのあんまり良くない気がするけど。まあ、放送大学の授業は普通に娯楽としても面白いので、これからも視聴は続けたい。あんまり真剣にやっても大変だから、これまでのようにつまみ食いのような形での視聴になるとは思うけど。

そう、それと最近は友達2人とSkypeで読書会をやっている。前回とかは、2人がその時々で関心のある本を適当に何冊かあげてもらって本を選んだ。今回は自分が提案した。こういう読書会をやれば、とりあえず約束の日までには読もうとなるし、議論のために関連して色々調べたりもする。それまでほとんど関心のなかった分野の本を読んだけど、どれも面白かった。

ネットワーク理論とかは名前も知らなかったし、フロイト精神分析とかはなんとなく避けてたけど、避けてたのはちょっともったいなかったなと。精神分析って最近の心理学では使われなくなった、とかよく聞くんだけど、それでもひと昔前の人文系の本を読むにはやっぱり必須教養だと思うし、今の本でも枠組みを使ってるものも多い。批判するにせよ、分かっているに越したことはないし、あと自分が興味のある批評家とかが積極的に使ってると友人に教えてもらい、それならやっぱり知っておくべきだろうと思った。あと何より、説明の華麗さというか、綺麗になんでも説明してしまえる点が、とりあえずは気持ちいいし。その点がまさに批判を集めたり、さらには使われなくなった理由の1つとは思うんだけれど。あと、映画批評の世界にもかなり影響あったんだなと。どっかで聞いたことある話だとか思ったのは、誰かの映画批評で繰り返し読んだことのある枠組みだったから。やっぱり知っておいた方がいいな。映画を見るのと同じくらい映画批評読むのは好きなので。

そういえば、思い出した。大学1.2年くらいの時にはけっこう背伸びをして文藝批評とか評論を読もうとした時期があった。全然分からなくてやめてしまったけど…。それと大学院に入るための勉強とか、大学院入ってからは専攻の論文とかを読まないといけなくなって、そういうものにはめっきり手を出さなくなったのだった。

それで、本当に最近、たまたま読み返す機会があって読み直すと、ちょっと分かるようになっていた。単純に知識がついたのと、それよりは日本語を読めるようになった、というのかな。それがたまたま論理的で読みやすかったのかもしれないが。単純に、エンタメとして面白かったし、普通にこれからはちょくちょく読んでいこうと思った。

ということで今後は、専門の勉強は自分で続けていきつつ、読んで面白いと思うようなものを友達と読んで、さらに感想を言い合うっていう二本立てでいきたいなと思ってます。なんか自分の予想に反してすごい真面目なエントリになりました。

猪谷千香『その情報はどこから? ネット時代の情報選別力』

 

その情報はどこから? (ちくまプリマー新書)

その情報はどこから? (ちくまプリマー新書)

 

 

発売されたばかりのちくまプリマー新書『その情報はどこから?』を読んだ。

ちくまプリマー新書らしく読みやすい本だったけど、後半は特に参考になる点が多く読み終わるまで大体2時間くらいかかった。

この本を見つけたのはTwitterで、情報収集術的な本かと思いきや、最後は図書館の使い方を指南している本だった、という趣旨のツイートだったと思う。面白そうだったので、すぐにAmazonで購入。

今見つけたけど、webちくまの連載が元になったようだ。その情報はどこから?|webちくま

目次は以下の通り。

第1章 ニュースの源流をたどって(私たちは知らないうちに溺れている 「複雑化」を超え、「液状化」する情報とメディア)

第2章 フェイクニュースが私たちの未来を歪め、蝕む(日本で始まったファクトチェック Facebook、Google、Twitterを舞台にサイバー戦争)

第3章 知りたい情報を求めて(気づかないうちに、インターネットが私たちに隠していること 人々を悩ます「デマ」をどう見分ける? 検索で並ぶ情報は、本当にほしい情報ではないかもしれない ほか)

おわりに 茫漠とした情報の海に溺れないために

第1章はおなじみの話ではあったけど、改めて読むと頭の整理になった。

第2章で紹介されているいくつかの研究や調査は興味深かった。大体の内容はこちらでも読める(第2回 フェイクニュースを流した人物の死はフェイクニュース?|その情報はどこから?|猪谷 千香|webちくま 、 第3回 Facebook、google、Twitterを舞台にサイバー戦争?|その情報はどこから?|猪谷 千香|webちくま)。

具体的には以下に詳しい。上の記事からのリンクにあった。

明らかになった「米大統領選へのロシアの介入」の実態:「ロシア疑惑」公聴会レポート(3)|WIRED.jp

Study: Breitbart-led right-wing media ecosystem altered broader media agenda - Columbia Journalism Review

ところで、ひとつだけ思ったのは、本自体にはリンク先のURLが書かれていなかったこと。注とか参考文献に書いてあった方が読者は自分で辿れるし、本の趣旨にも合っているのではないかな。まあ、本に書いてる情報を元にググればすぐに出てくるだろうけど。

本書の白眉はやはり第3章か。信頼性のある情報を手に入れようとしたとき、やはり図書館は役に立つという内容。とても真っ当だし、下手すれば当たり前としか言えない主張だけど、改めて言われると説得的。まさに温故知新という感じ。しかも、図書館の使い方、活用の仕方を具体的にレクチャーしてくれていて、とても勉強になる。

僕はこの1年間大学図書館でアルバイトをしていたこともあり、いろいろ図書館の仕組みとかレファレンスサービスの使い方とかも詳しくはなったけど、本書にあった公共図書館の特色とか使い方は知らないことが多かった。

特に、「レファレンス協同データベース」と「国立国会図書館デジタルコレクション」について改めて知れたのが大きい。両方とも個別に見たことはあったけど、全体として眺めてみると色々面白そうだなと思った。

レファレンス協同データベース

国立国会図書館デジタルコレクション

来年からはこれまでのように大学図書館を気軽に使えるわけではないので、色々どうしようかなと考えていたけど、本書で紹介されていた方法は1つの指針になるものでした。もちろん、自分の通っていた大学以外の大学図書館も使えるようだけど、公共図書館を活用する機会はこれから増えると思うので。