読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hooney Got His Pen

映画の感想と勉強日記

おおかみこどもの雨と雪(2012年、細田守監督)

映画

【映画短評】

この映画は寓話である。「おおかみ人間」という設定は、社会の中でマイノリティーであることを象徴している。

 

僕は、途中から息苦しくなってうまく見れなかった。けっこうエグい話だとおもう。こんな映画が広く受け入れられたというのは正直、すこし驚いた。手放しに感動!とはならない。

 

一応言っておくが、「おおかみ人間」を受け入れない社会が悪い。

クライマックスで、雪の理解者(人間)がやっと、ひとりだけ現れる。雪は泣くほど嬉しくなっているが、受け入れられただけで泣かせてはだめなのだ。「ケモノ臭い」などと言われ、それまでどれほど辛かったのだろうか。

人間の姿をしていても、たまにおおかみの姿をしていても、誰にも咎められない(間違っても、ゴミ回収車に遺体を持って行かれない!)社会。アニメであれば、そういう理想的な社会を描いてくれてもよかったんじゃないかな。ちょっと辛すぎる。何も解決してないから。


河童のクゥと夏休み』を観た時にも思ったけど、「全くのフィクション要素は一部だけで他は全てリアルな描写」という映画をアニメでやるというのは斬新だし、凄いとはおもう。でも、ちょっと辛すぎる…。救いがもうちょっとほしいし、これならハッピーなだけのアニメを観たいとか思ってしまった…。

Utada Hikaru's comments about 「忘却 featuring KOHH」

The new song by Utada Hikaru and KOHH is very popolar on Youtube

Here, I translated the Hikaru Utada's interview into English (Please forgive my poor English). 

 

Utada: “About KOHH, my friend taught me a while ago and I became a fan.

At the beginning, this song was intended as just an instrumental. When the suggestion that how to put a lap came out, I(=Utada) told director that "There is a person called KOHH." Then he (=the director) answered "Oh that is nice!” After approaching KOHH, it turned out that we were actually fans of each other. He decided to join us.

First I made my part and told him about my ideas about "oblivion(=忘却、the title of this song)" and "memory". He responded with my own words with spending several days.

It was my first time to mix my words with other people, so I thought “What would it be like?” But we naturally met in the middle of us.

I like a long rap part, so I left the first one minute to him. When we got lost, I told him "this way", and we were together checking with a feeling like "It's okay". As the last organ was his proposal, it became an image like I was called to heaven. So did it become a requiem?

To think about a way of living is like to think about death. I looked back on my life and thought about the way I am heading from now. Everything is condensed into the last line, "When I someday die, empty-handed would be best ".”

 

KOHH:"No comment. First of all, please listen to the song."

 

↓Here, you can find the original version of her interview in Japanese.

 

 

fnmnl.tv

映画 スノーデン 感想

映画


f:id:kanhuni:20161115084824j:image

Pathe cinema@オランダ

80点

社会派と言われるオリバー・ストーン監督らしい映画です。


監視されることの恐怖、情報管理社会の怖さを徹底的に描いています。


CIAが世界中のメール、SkypeFacebookなどをハッキングして管理していたのが、スノーデンの告発によって明らかにされたましたよね。


当時、大ニュースになりました。


その事実をニュースで聞くだけよりも、映像化されたほうが怖さと気持ち悪さが伝わってきますね。

 

「テロとの戦い」という題目が引き起こす自由の侵害が大きなテーマです。

つまり、アメリカの安全を守るためにテロを事前に予防することは、完全な管理社会を目指すことになってしまう。

では、安全を守らなくてもいいのか

怪しい人物がいてもマークしなくてもいいのか…?


このあたりのジレンマが今後も問題になっていくのでしょうね。