Hooney Got His Pen

映画の感想と勉強日記

「ノムさん、あんたのおかげや」ー阪神の野村監督の思い出


f:id:kanhuni:20200213020414j:image

僕が熱心な阪神ファンになったのは、新庄剛志の存在が大きい。サンテレビをつけると、足が長く細身で、簡単なフライに対して小気味よくジャンプする新庄の姿があった。打率は2割8分そこそこだけど、豪快なスイングでたまにホームランをかっ飛ばす。肩がやたら強く、ランナーは新庄の所に飛ぶと無理して走らない。そんな新庄に釘付けとなった。

それから毎日、サンテレビでプレーボールから試合終了まで見る生活を続けることになった。

小学校低学年の時、漢字が苦手だった。5問中1問しか正解せず、テストで20点を取った。親に見せたくなく、家の近くのゴミ箱に捨てた。

プロ野球が好きになって、プロ野球チップスを買い、選手のプロフィールをまじまじと読むようになった。漢字が得意になった。

新庄剛志が野村監督を慕っていると知ったのは、後になってからだ。新庄は、僕が野球を好きになったその年の暮れに、いきなりメジャーリーグへ行ってしまった。そういう破天荒なイメージだったから、いかにも「のそのそ」としていて、練習中は椅子に座ってばかりだと揶揄されていた野村監督のことを、そこまで慕っているとは思わなかった。

新庄 剛志 on Instagram: “#新庄剛志 #野村克也 宇宙人の名付け親 …”

その後、野村監督の著書や新庄の発言などを見ると、野村監督は新庄を相当かわいがっていたらしい。「かわいいやっちゃな」と。

野村監督は厳しいイメージがあるが選手によって、かなり対応を変えるという。選手の特性を理解していると言うべきか。

新庄にはほとんど怒らず、可能性を引き出そうとした。投手に挑戦させたり、四番を打たせたりした。当時の阪神は、毎年 B クラスの弱小球団。新庄の投手挑戦や四番には、マスコミが殺到した。

足の速い選手を並べたエフワンセブンというものもあった。赤星、藤本、沖原、田中秀太など。今考えると、よくもまあ似たような選手ばかりいたものだと呆れるが。野村監督は機動力を生かした選手たちを競わせていた。 

そして有名なのが遠山のワンポイントリリーフだろう。遠山は阪神に入団するも活躍できず、ロッテに移籍した後、阪神に出戻り。その間には打者挑戦などもあった。

阪神1999ハイライト22 松井キラーの遠山 - YouTube

そのスリークォーターというのか、横手投げというのか。奇妙な左投げのワンポイントリリーフが、巨人の松井秀喜を抑え込む姿は痛快だった。

「弱者が強者にいかに勝つか」ということを考え抜いた野村らしい起用法だった。松井秀喜を外角のスライダーで三振に取る遠山。これほど痛快な光景は後にも先にもあまりない。

そして葛西投手との、遠山スペシャル。あんなものは誰も考えつかないだろう。

私にとって阪神ファンになった最初の監督が野村監督。当時はうちの家でもあまり評判が良くなかったが。

コントロールが悪いながらも起用し続けた井川。中日からトレードで移籍してきて、その後優勝キャッチャーとなる矢野。一年目にすぐ一番として起用し盗塁王と新人王まで取ってしまった赤星。四番の桧山などなど。

2003年の優勝メンバーの多くは、野村監督時代の教え子だ。もちろん天才今岡のように、野村時代にはあまり厚遇されなかった選手もいる。しかし、2003年に優勝した時、私がまず思ったのが野村監督への感謝だった。そのような阪神ファンは多いのではないだろうか 。

社会人野球シダックスの監督に就任した野村。社会人野球の世界でも実績を残した。当時の映像で僕の好きなものがある。阪神二軍とシダックスが対戦した際、阪神ファンが野村監督に投げかけた言葉だ。「ノムさんあんたのおかげや。あんたのおかげやで」と。

野村克也 シダックス ② - YouTube

 

評論家としての名声を確立したのは野村スコープだろう。ただ、2000年代には野村スコープはほとんどなかったのであまり知らない。それでも、1試合が2試合かは見たことがある。予想を続々と的中させるのには驚いた。

また、スポーツニュースでの解説はよく見ていた。毎度勉強になるものだった。

 

野村ノート (小学館文庫)

野村ノート (小学館文庫)

 

 

そして、あの野村ノート。今でこそ水曜日のダウンタウンで指摘されたように粗製濫造気味の本が多かったが、昔の著書を読むと本当に秀才なんだなと思わされる。知的で含蓄のある言葉が並ぶ。

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。月見草。マー君神の子不思議な子。残した名言は数知れない、

これらの言葉は私も好きだ。

ただ、本当に好きなのは野村評論の姿勢だった。

歯に衣着せぬとはこのことか、と思わされることが多くあった。阪神ファンとして感謝しているのは、もちろん2003年の優勝の礎を築いたことだが。

それ以上に、評論家としての活動で阪神の闇を続々と暴いていたことはもっと評価されるべきだ。

例えば、野村監督が「即戦力の投手を欲しい」と言ってもフロントは聞き入れず、1位で内野手を取ったりとか。そしてその選手は怪我していて使い物にならなかったとか。

 

 

FA で選手を獲得することを求めても聞き入れなかったこと。あるいは、「この球団は優勝を目指していない。優勝すれば年俸を上げる必要があるからだ。優勝争いをした末に、2位になれば、観客動員も増える上、年俸もあげなくて済む」とフロントに言われたこと。これらのフロントとのやり取りを、その後の著書で余すことなく披露していた野村監督。

スポーツ紙などは、球団との付き合いがあるからこのようなことはなかなか書けなかったのではないか。野村の野球本には、ジャーナリズム精神が満ちていて、それは野村の野球評論に独特の魅力を与えていた。

これらの野村の言葉を読んで、阪神球団の闇を知った。そのようなファンは数知れないだろう。その後、阪神は野村の指摘のお陰か、選手を積極的に獲得するようにもなったし、ドラフトの戦略なども近年は安定してきた。野村監督の評論のおかげと言えるかは分からないが、野村監督の評論を読んできたファンの目が肥えたのは事実だろう。

阪神ファンがよく思うのは、「万年最下位の、あの暗黒時代に戻りたくない」ということだ。

野村は暗黒時代の監督だった。

しかし、暗黒時代の最後の監督だった。

本人は不名誉に思っていただろうが、その後の評論活動を合わせて考えると、暗黒時代を終わらせた主役といっていいだろう。

今ではヤクルトや楽天の監督として紹介されることが多いが、納得がいかない。

紛れもなく阪神の監督だった。

あの、どうしようもなく弱い苦しい時代に、一緒にもがき苦しんだ監督。暗い時代に、様々な奇策や時には苦し紛れの起用法で楽しませてくれた監督。

阪神の監督を辞めたあと、チームに対しては厳しい言葉をかけ、同時にファンの目を育ててくれた人でもあった。

ノムさん、今の阪神があるのはあなたのおかげです。本当にありがとうございました。

【メモ】地球温暖化、北極圏と安全保障

地球温暖化によって、北極圏の氷が溶けている。それによって、北極圏を経由する航路が開拓されつつある。

 

海の地政学──海軍提督が語る歴史と戦略 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

海の地政学──海軍提督が語る歴史と戦略 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 

 

この本では、アメリカ海軍の提督を務めた軍人が「古いと思われる海がいかに大切か」をコンコンと語っていた。サイバースペースとか色々言うけど、海によって世界は繋がっており、輸送の手段としては船がずっとナンバーワン。陸上でより、海の方が偶発的な衝突とかけっこうあるし。

何より、アメリカが覇権国として振る舞うことができたのは「海」を抑えたから。戦前は日本と太平洋を二分割していた、日本との戦争に勝ってからは太平洋をアメリカが抑えた。太平洋を抑えていることがアメリカのパワーの源だったと。だからこそ、中国の南シナ海への浸出はアメリカの覇権に対する挑戦と見做される。

そして、この本では北極圏の重要性が指摘されていた。ロシアの砕氷船の数は圧倒的で、中国も投資してるがアメリカは全然ダメだと。

今年8月、トランプ大統領による「グリーンランド買収の意向」が報じられた。

以下の記事は、グリーンランド、北極圏の重要性と安全保障上の問題がレポートされていて面白い。

気候変動と戦う:クライメートポリティクス 氷解、群がる大国 グリーンランド二つの商機(その1) - 毎日新聞

北極圏は気候変動の影響が顕著に表れる地の一つだ。氷解は過去数百年で例のない速度で進んでいるとされる。日本の6倍の面積を誇り「世界最大の島」と呼ばれるグリーンランド先住民族イヌイットを中心に約5万6000人が暮らしている。

 

米地質調査所(USGS)によると、北極圏を覆う氷の下には地球上で未発見の天然ガスの30%、石油の13%が眠る。金、ダイヤモンド、亜鉛、ウラン、レアアースなど未開発の鉱物資源も豊富とされる。氷解により、資源の採取が可能になりつつある。また、海上を覆う氷の消失で、北極圏を通る新しい商用定期航路が確立されれば、パナマ運河スエズ運河を経由しないことで紛争などによる地政学的リスクを軽減できる。航行日数削減なども期待される。

気候変動と戦う:クライメートポリティクス 氷解、群がる大国 グリーンランド二つの商機(その2止) - 毎日新聞

1940年、米国はナチス・ドイツデンマーク占領を機に安全保障上の戦略から領事館を開設。その後、グリーンランドを保護下に置き、各地に軍事基地を設けた。領事館は53年に閉鎖され、この建物は現在、地元行政機関の事務所となっている。

 クラルップさんは、失敗に終わったトランプ米大統領グリーンランド「買収」案は荒唐無稽(むけい)ではないと指摘。北極圏進出を加速させる中国とロシアへの警戒感が背景にあると言う。

 

デンマーク海軍少将で北極圏の安全保障専門家のニールス・ワング氏は、英紙サンデー・タイムズに「トランプ氏のアプローチはばかげているようにみえるが、中露に対し、『グリーンランドに手を触れるな』という本気のメッセージを送った」と指摘。米国務省は、再び開設することになったヌーク領事館を「米国の国益を増すための有効な基盤」と位置付けている

記事の冒頭で、地元紙の編集長が「地政学的にはグリーンランドデンマーク領ではなく、昔も今も米国の一部だ」と語る場面がある。トランプのグリーンランド買収発言は突破ではなかったのだ。今後、北極圏は重要性が増していくのがよく分かる。

中国の「一帯一路」、インド・日本・アメリカ・オーストラリアの「インド太平洋」など様々な戦略が語られる。今年5月にあった、ポンペオ国務長官の発言も重要だ。

ポンペオ米国務長官は今年5月、北極圏に領土を持つ8カ国で組織する「北極評議会」で演説した。「北極圏は覇権争いと競争の場と化した。(同時に)チャンスと富の最前線にある」。こう述べたうえで、北極点を含む海域を経済水域とするロシアの主張を「違法」とけん制。さらに、北極圏の開発を進めようとする中国についても「北極圏と先住民の地域社会が債務漬けになってもいいのか。北極海を軍事的な緊張が続く新たな南シナ海にしたいのか」と批判した。

アメリカで包括的な戦略みたいなのが提唱されているのか、きちんと調べていないので分からないけど… 半世紀ぶりに領事館を開設したというのは重要な動きですね。

【メモ】首相の解散権

首相の解散権の話には結構関心があり、以前もメモしておいたが、今回も論説をメモしておきます。2019年6月の記事から抜粋です。以下、太字は引用者です。

 

mainichi.jp

非合理だとまでは言えぬ 牧原出・東京大先端科学技術研究センター教授

 第2次安倍政権における衆院解散の特徴は、政権運営にほころびが生じた時、それを締め直すために行うことだ。最初の2014年の解散時には、直前の内閣改造で就任した新閣僚に不祥事が続発し、17年の2度目の解散では、森友・加計問題で強い批判を浴びていた。安倍晋三首相は解散によってこうした状況をリセットし、再び政権を浮揚させようとした。

 小選挙区制を中心とした選挙制度と、野党多弱の政治状況のもとでは、安倍政権の政策が国民に支持されていなくても選挙に勝てる。「国民の信任を得た」として、政権を締め直せる。つまりは現状維持のために解散しているのであり、理由は何でもいい。

 過去2回の解散は、消費増税の延期などそれなりの理由があったが、もし今回解散すれば、いよいよ理屈が立たない。国会には大きな与野党対決法案はなく、予算委員会さえ開かれていない。「信を問うものがない」状況を政権が自ら作り出している。ここで解散すれば「衆参同日選にするため」以上の理由を見いだせない。

 しかし、だからといって「憲法7条による解散に制約をかけるべきだ」というのは適当ではない。解散権を制約する目的は、解散権の乱用による政治の不安定化を防ぐことにあるが、少なくとも第2次以降の安倍政権の場合、解散で政治が大きく不安定化したとも言えない。

 「選挙に勝てる」という理由で時の政権が恣意(しい)的に解散することについては「政治的に適切か」という問題はあろう。だが、憲法7条を根拠とした初の解散である第3次吉田内閣の「抜き打ち解散」(1952年)で、吉田茂首相(当時)の自由党は、実は議席を減らしている。「勝てるとみて解散すれば勝てる」わけでもない。

 内閣による恣意的な解散を防ぐのは、むしろ野党の役割だ。野党が政権の受け皿としてしっかりと準備ができていれば、政権側もそう簡単に解散を考えることはできない。それでも解散が行われたら、今度は有権者が投票によって解散の適否に審判を下せば良い。

 解散権を一切制約すべきではない、と主張しているのではない。毎年のように解散を繰り返したり、選挙で選ばれた国会議員が初めて召集された国会でいきなり解散したりすれば、誰の目にも恣意的な解散だと映るだろう。だが、現時点でそういう非合理的なことが行われているとまでは言えない。安倍政権による解散は、現状では否定されるほどのものではないと考える。

 安全保障関連法を制定した後の安倍政権は「異次元」など大げさな言葉を使う割には、現状維持的でスケールの小さな政治に終始している。提案された政策をよく見れば、官邸主導の形をとった安全運転の官僚政治に過ぎない。改憲勢力が衆参両院で3分の2の議席を確保していながら、いまだに憲法改正の発議ができていないことが象徴的だ。首相のキャラクターに惑わされて「安倍首相の強権政治を押さえつけるために解散権の制約を」などと議論するのは、政権の本質を捉え損なっている。

 

 河野洋平、牧原出、曽我部真裕らの議論。牧原さんの考えに共感しつつ読んだが、曽我部さんの意見にも納得。

「内閣による恣意的な解散を防ぐのは、むしろ野党の役割だ。野党が政権の受け皿としてしっかりと準備ができていれば、政権側もそう簡単に解散を考えることはできない」という指摘は原則その通りとも思いつつ、では、「解散が政権の都合の良いタイミングだけで行われている結果、野党の弱体化がもたらされたのではないか」とも思う。民主党民進党希望の党立憲民主党、国民民主党、一部は自民党へ、ほか…の流れを見ていると、やはり野党には同情する。

2017年9月の記事だが、以下のような指摘もある。

海外の議会政治に詳しい立命館大の小堀眞裕教授によると、経済協力開発機構OECD)加盟35カ国で政権の自由裁量による議会解散が一般化しているのは日本を含めカナダ、デンマークギリシャの4カ国。小堀教授は「野党の準備不足を見計らうような解散権の行使は、日本が際立っている」と指摘する。日本と同じ議院内閣制を採用する英国やドイツの解散権は、不信任決議案の可決などの場合に制限されている。衆院解散表明:解散権の制約、専門家が提案 - 毎日新聞

 

以下は、曽我部真裕・京都大大学院教授の意見から抜粋。

官僚への人事権行使にもみられるように、安倍政権の政治には「禁じられていなければ何をやってもいい」という発想がある。官邸機能を強化する改革の結果、首相のリーダーシップが強まり、これに伴い首相が権力を乱用するリスクも高まった。これは安倍晋三首相のキャラクターに帰因するだけではなく、むしろ制度の問題であり、今後もこうした権力行使がなされる可能性は十分にある。

 政治のルールに関する今の制度は「権力は良識をもって行使される」という性善説で成り立っている。それが失われているのなら、恣意的な解散を防ぐ制度を作らなければならない。

 日本のように解散権に何の歯止めもない国は珍しい。議院内閣制をとる欧州諸国には、解散権に何らかの制約がある。英国では、議会で過半数より多い「特別多数」の議決を必要とすることで、首相による解散権の乱用を防ぐ制度がある。こうした例も参考になる。

 民主主義に関する諸制度を、時代の変化に合わせて現代的なものに作り替える作業は、本来は国会で日常的に行われなければならない。解散権の問題も、望ましい議院内閣制のあり方全体を考える中で議論すべきだ。

 

「禁じられていなければ何をやってもいいという発想 」という指摘には頷くが、「制度内で可能なことは極限までやる」とも言い換えられる。善しあしは措いておいて。だからこそ、制度的に歯止めをかけておくべき、という議論か。

 

 

関連エントリー

hunihu2.hatenablog.com